生活習慣病にならない為の生活習慣

>

お酒と煙草はほどほどに

煙草、やめられれば一番いいのですが

まず、煙草に含まれるニコチンは血管を収縮させるため、血圧は上昇、血管に圧力がかかり、動脈硬化につながります。また、煙に含まれる一酸化炭素はいわゆる血液ドロドロ状態を導き出し、血栓のできるリスクが高まります。これら血圧だけでなく、血糖、脂質にも悪影響を与えるニコチン。
さらに問題なのは、受動喫煙。自分だけではなく、周囲の家族などにも喫煙同様の影響を及ぼすということが言われています。最近は禁煙、分煙という社会の動きもあり、喫煙者自体が減ったり、加熱式タバコに移行したりしているようです。ただ、加熱式タバコもタールが発生しないだけで、ニコチンは含まれていますし、あれでは物足りないと思う愛煙家も多いようです。百害あって一利なしのように思える煙草ですが、うまくつきあっていく方法に関しては、いまだ議論が絶えないですね。

お酒との上手な付き合い方とは

最近は若者の飲酒量が低下しているようです。外で付き合い程度に、家ではまったく飲まないという人が多くなっているように感じます。適量であれば、血行を促進し、ストレス解消にもなり、コミュニケーションにも欠かせないのがお酒ですが、度が過ぎると、もちろん、体に悪影響を及ぼします。肝機能だけでなく、口腔、食道、胃腸と消化機能にも大きな負担がかかります。さらに、煙草とあわせるとがんのリスクはさらに高まることがわかっています。脳への影響もよく言われていますね。アルコールによる認知症の症例も多々あるようです。1日の適量は1合程度と言われていますし、その量でも休肝日は必要です。楽しくお酒と付き合っていきたいものですね。


この記事をシェアする

トップへ